ハロウィン仕様の高取町案山子イベント

今年も開催中の高取町かかしイベント。

奈良・町家の芸術祭「はならぁと」も同時開催ということで、足を運んでみることにしました。昨年度も高取町の案山子巡りを楽しんだのですが、今年のテーマはとなりのトトロのようです。毎年メイン会場に飾られる大仕掛けの案山子はその姿を変えています。

ジャックオランタン

土佐街道沿いの会場に飾られるジャックオランタン

ご存知、カボチャのお化けですね。案山子イベントの開催期間は10月1日から31日までの一箇月間です。ちょうどハロウィンシーズンとも重なるためか、お馴染みのお化けが出現していました。

スポンサードリンク

ハロウィンの由来とケルト文化の鬼火

ハロウィンシーズンになると、東京渋谷の駅前に仮装した若者たちが集います。

バレンタインやクリスマスを祝う習慣は以前からありましたが、それをも上回る人気を見せるハロウィン。元々ハロウィンは北方ヨーロッパの原住民であるケルト人のお祭りです。ケルトの暦では11月1日が新年に当たります。つまり、10月31日のハロウィンにはイヤーエンドパーティの要素も含まれているのです。

ジャックオランタン

お化けとはいえ、どこか愛嬌を感じさせますね。

大きな南瓜に穴を開け、中に灯りをともします。ぼんやりと浮かび上がるその灯りは、鬼火のような怪しさを醸し出します。ジャックオランタンにまつわる話に耳を傾けると、その伝説が目の前に蘇って来るようです。

生前に悪いことばかりして、死後の世界への立入りを拒否されたジャック。彷徨うジャックの魂が込められているようですね。

ハロウィンは我が国における大祓え神事のように、一年を締めくくる最終日に悪霊や魔女を退散させる行事でもあります。異国の文化ですが、もうすっかり日本にも定着した感があります。

メイン会場のとなりのトトロ

街の駅城跡(メイン会場)に展示されるとなりのトトロ。

手前に座っている夫婦らしきお二人は、何を隠そう”案山子”です(笑) 後ろ姿で髪の毛が隠れていると、なおさらリアルに映りますね。

土佐恵美須神社の案山子

こちらは土佐恵美須神社の神主さん。

確かこの案山子は、昨年度も同じ場所に展示されていたように思います。

ハロウィン

蝙蝠も愛嬌たっぷりですね。

案山子ばかりではない見所を見つけたような気がします。

案山子めぐりの開催時間は午前10時から午後4時までで、見学は無料です。

イベントの主催は天の川実行委員会で、問合せ先は観光案内所の夢創館となっています。

会場である土佐街道の近くには、極彩色壁画を特別公開しているキトラ古墳「四神の館」があります。高取れんじの道(土佐街道)からキトラ古墳へは徒歩でアクセスが可能です。小春日和の休日にでも、案山子巡り・HANARART・四神の館のセット観光をお楽しみ下さい。

<同一タグ記事>