大相撲チケットが窓口販売前に完売!

大相撲のチケットが窓口販売前に完売したそうです。

稀勢の里の横綱昇進で、大相撲人気に火が付いているようですね。昨今ではネット購入が優先される大相撲のチケット販売。窓口に並んでチケットを入手するには、時間も労力も必要です。その点、ネットであれば気軽に購入することができます。

両国国技館

大相撲のチケットは!

それにしても、窓口販売前に完売してしまうとは・・・。

フライングのようでもありますが、窓口販売が始まる2時間前からインターネットやコンビニで販売が始まります。窓口に並んで買うよりも一足先に、既に販売が始まっているのです。これでは致し方のないことですね。

スポンサードリンク

収容人数1万1千人強の国技館が連日札止め

両国国技館の収容人数は11,000人強とされます。

前売りの販売枚数は明らかにされていませんが、チケットぴあによれば今回のような事態は初めてのようです。かつての若貴フィーバーを凌ぐ過熱ぶりなのかもしれませんね。

両国国技館

両国国技館。

以前までは、ネット販売より窓口販売の方が1時間早かったようです。ところが、前売り券目当てに交代で早くから並ぶ人が目立ち始め、様々な問題を引き起こしました。夏の炎天下で、長時間行列待ちに加わるのはかなりの体力を要します。諸問題と照らし合わせた結果、2016年1月の初場所から、ネット販売と窓口販売が同時となりました。

双葉山相撲道場(時津風部屋)

両国にある双葉山相撲道場(時津風部屋)。

さらにここから、転売目的で窓口に並ぶ購入者が出始めました。チケット販売サイトやネットオークションが賑わう世の中では、これもまた自然な流れだったのかもしれません。

窓口販売への集中軽減が計られ、同年夏場所からは窓口販売をネット販売より2時間遅らせることになりました。

これからはネット上でチケットを大量購入して転売するシロダフ(素人のダフ屋)の存在にも注意が必要ですね。

両国国技館

何はともあれ、当日券も各日数百枚が用意される予定です。

当日券に関しては、国技館の窓口販売のみとなります。

午前7時45分から販売開始となりますので、大相撲観戦を希望される方は国技館の窓口へ足を運びましょう!

チケットぴあ

大相撲のチケットは!

Tags:

<同一タグ記事>