香典の相場に疑問を抱く経験

香典の相場ってどのぐらいなんだろう?

香典に関する疑問を誰しも一度は抱いた経験があるのではないでしょうか。

香典の金額の目安をご案内致します。

フォーマル レース ふくさ 香典
B00DQO2U3W

香典の金額は、弔問客と故人の間の生前における関係の深さによるものと考えてよいでしょう。

一般的には友人・知人、ご近所・隣人は五千円。

会社関係は五千円から一万円。

祖父母・親戚は一万円から三万円。

兄弟・姉妹は三万円から五万円。

両親の場合は五万円から十万円が香典の目安料金となります。

スポンサードリンク

新札はタブーの香典マナー

香典のマナーとして、お札は使い古した古いお札を入れるようにしましょう。

間違っても新札を入れないように注意しなければなりません。

新札を使う場合には、一度お札を折ってから香典袋に入れるのが礼儀です。

新札を香典に使うということは、あらかじめ故人の死を予測して準備していたという印象を与えてしまいます。可能な限り、香典には古いお札を使うことをおすすめ致します。

そもそも香典の歴史を辿れば、最初は現金ではありませんでした。

弔問客が自ら故人の霊に手向ける「香」を持参して、それをご霊前で焚くことによって供養していたのです。それが今では現金を包むのが作法となっています。

そう考えると、昔の人たちは香典の相場を気にすることもなかったのですね。

昨今では関西地方を中心に、香典の習慣が薄れつつあると言われます。貰った方にも香典返しの必要性が生まれます。余計な配慮を避けるために、徐々に形骸化しつつあるのでしょうか。

Tags:

<同一タグ記事>