大神神社の俳句

母の日を前に、大神神社境内を歩いて参りました。

宿泊のトップシーズンであるGWを終え、心身ともにリフレッシュするために新緑に満ちた境内を歩きます。毎年恒例となった骨休めのひと時を楽しみます。

大神神社の俳句

大神神社の手水舎に俳句が掲げられていました。

神山へ 口輪を揃え 鯉幟

5月を象徴する鯉幟(こいのぼり)が、三輪山の方を向いて風になびいているのでしょうか。神体山である三輪山と鯉幟の風景が頭に浮かびます。改めて季節を歌う俳句の滋味に触れたような気が致します。

スポンサードリンク

母の日に、母を想って参拝

人生の節目に大神神社に参詣する。

お宮参り、七五三、成人式、結婚式、安産祈願等々・・・それぞれの思い出のシーンに自身の母親が重なる人も多いのではないでしょうか。

大神神社の署名

巳の神杉の前に台帳が置かれていました。

参拝客の署名する欄が設けられています。

大神神社の銀竜草

5月初旬の大神神社といえば、やはりこの銀竜草です。

今年も天皇社の周辺に見られました。

大神神社の母の日

産んでくれてありがとう。

この言葉の持つ意味は、あまりにも甚大です。

家族の絆を確かめ合うためにも、産土神(うぶすながみ)の存在は欠かせませんね。

<大神神社の関連情報>

Tags: