顧客へのリーチ

顧客へのリーチは様々な手法で試みられます。

新聞、雑誌、TV広告を使ったリーチが一般的ですが、もちろん、泥臭い方法としては飛び込み営業なども顧客へのリーチ法としては今後も残り続けるでしょう。
ただ、これらのリーチ方法では、細かくセグメントされたユーザーに届くことはなかったのです。

Inspired: 顧客の心を捉える製品の創り方
Inspired: 顧客の心を捉える製品の創り方

スポンサードリンク

ポストインプレッションを生むリターゲティング

そんな流れの中で、効率的なネット広告が人気を得たのは当然のことだったのかもしれません。

リスティング広告は消費者のニーズと供給元をダイレクトにつなげます。
よりマイクロ化されたユーザー心理の痒いところに手が届く・・・そんな理想的な広告手法が確立されました。

しかしながら、何かが足りない。

何が不足しているのだろうか?
そう、どんぴしゃのタイミングだったのではないでしょうか。

個々が胸に秘めている潜在的ニースが、今すぐ消費に結びつくとは限りません。
タイミングが肝要なのです。

結婚もタイミング・・・とはよく申します。

阿吽の呼吸というか、天の思し召しというか。
せっかく自サイトを訪問してくれたユーザーも、滞在時間もそこそこに大抵は離れていくものです。タイミングがどんぴしゃではなかったのです。あなたのサイト作りが甘かったからでもなく、ユーザーに買う気が無かったからでもありません。

タイミングが合わなかっただけなのです。

そんなユーザーをもう一度追いかけることが出来たら・・・そんな願いを叶えてくれるのが行動ターゲティング広告なのです。

そう、以前にもご紹介しましたが、リターゲティングの手法が生かされることになります。

顧客へのリーチは1回や2回では駄目なのです。
何度も何度も繰り返し、手を変え品を変え、どんぴしゃのタイミングに出会うまで続けられます。

一度広告をクリックしてサイトを訪問したユーザーが、その時には何のアクションも起さなかったけれども、何かの拍子に再度そのサイトを訪れて商品を購入する。
ネット上ではよくあることだと思われます。

こういうのをポストインプレッションと言うんですよね。
顧客へのリーチ頻度が高ければ高いほど、ポストインプレッションを生み出す機会も多くなるのではないでしょうか。

新入社員が取り組む飛び込み営業には、どうしても精神論が付きまといます。根性が無いから契約が取れない、そんな雰囲気が社内には流れます。確かに入社1年目の新入社員には、度胸試しの意味合いで飛び込み営業もおすすめします。しかしながら、本来の成果を求めていくのであれば、やはりあまり賢明な方法でないことは明らかです。

顧客へのリーチは古くて新しいテーマです。

時代を経るごとにその手法は変化していくものと思われます。顧客ニーズの高まりと共に、そのドンピシャのタイミングを逃さないリターゲティングというマーケティング手法に注目が集まります。

Tags:

<同一タグ記事>