ニューバランスMW363を購入

山の辺の道、多武峰街道、大和長寿道等々、奈良県中南和エリアには数多くの散策路があります。宿を経営しながら、お客様の案内も兼ねて大和路を歩く機会も増えて参りました。今まで履いていた靴も古くなり、そろそろ買い替えの時期がやって参りました。

そこでウォーキングシューズを買うために、最寄りのABCマートへ行って来ました。

ニューバランスMW363

メンズスニーカーのニューバランスMW363。

店頭には黒色の靴しか在庫が無かったため、後日にダークブラウンの配色が施されたものを送って頂きました。

ニューバランスMW363を楽天市場で購入!

Amazonの通販ニューバランスMW363

スポンサードリンク

ジッパーヘッドのロック機能が付いた靴

ニューバランスMW363の靴ひもの横にはジッパーが付いています。

脱ぎ履きがしやすいファスナー搭載モデルになっていて、取り付けられたジッパーにはロック機能が付与されています。ジッパーヘッド(つまみ)を前方へ倒すことによってロックされる仕組みです。

ジッパーヘッド

ニューバランスMW363のジッパーヘッド。

前方へ倒れているのが確認されます。この状態でロック機能が働き、ジッパーが下がってくることはありません。ジッパーをしっかりと引っ張り上げた後、きちんと前方へ倒すことを忘れないようにしましょう。

山の辺の道の弘仁寺

山の辺の道の弘仁寺。

健康意識の高まりの中、ウォーキングを楽しむ中高年の姿も数多く見受けられます。まだ30代だから、40代だからという声も聞こえてきそうですが、この年代の人たちも既に上り坂の時期を過ぎていることを忘れてはなりません。少しずつ始まる老化に備え、日々の準備が必要なことは言うまでもありません。

お気に入りの靴を履いてウォーキングに出掛けてみると、視界に入ってくる景色も手伝い気分が一新されます。

ニューバランスMW363

ニューバランスのテクノロジーを代表するキーワードの一つに、クッション性を表すABZORB(アブゾーブ)が挙げられます。

ミッドソールの踵部に搭載されたアブゾーブが、心地よいクッション性で快適な歩行をサポートします。ニューバランスのHPにも以下のように説明されています。

着地時に足が受ける衝撃を確実に吸収すると同時に、そのエネルギーをテイクオフ時にリターンする反発弾性も備えたクッショニング素材。

従来よりもアブゾーブの面積が拡大されたニューバランスMW363。ソールの設置面積が広いフルグラウンドコンタクトソール設計により、足への衝撃が軽減され、優れた安定性が実現されています。

ニューバランスMW363の型番

MW363の型番を表す数字が刻まれています。

靴を購入する際には横幅が重要なファクターになってくるのですが、幸いにもこの靴は4Eでした。7,992円の販売価格で購入することになりました。ネット通販などでもニューバランスMW363は売られています。楽天市場をチェックしてみましたが、送料別で7,193円の値段が付いていました。

購入するタイミングによっては、同じ商品を割安に入手できるかもしれません。

ニューバランスMW363

自分にピッタリ合った靴を購入するためには、どういう点に注意すればいいのでしょうか?

試し履きのタイミング

足のサイズは個人差が大きいと言われます。

足の形状は実に様々で、レングス(足長)やウイズ(足囲)などもそれぞれに異なります。

靴を選ぶ際には、両足とも試し履きをすることをおすすめ致します。片足だけ履いてみてOKとするのは危険です。必ず両足とも履いてみて、動きやすいかどうか少し歩いてみることが肝要です。

ニューバランスの靴箱

届いたニューバランスの靴箱。

足のサイズも履くタイミングによって異なります。

同じ人ならサイズは同じではないかと言われそうですが、実際のところ微妙なずれが生じることを覚えておきましょう。

ニューバランスMW363の靴裏

では、靴を試し履きするタイミングはいつがいいのか。

ズバリ、それは足のサイズが微妙に大きくなる午後スポーツをした後と言われます。靴を選ぶ際には、午前中は避けた方が賢明です。このことを覚えておくだけでも、シューズ選びの入口を押さえたも同然です。

ニューバランスMW363

徒歩ではアクセスできないような遠方でウォーキングを楽しむ人も多いでしょう。

車の中にウォーキングシューズを保管しておいて、そのまま目的地に着いたら靴を履きかえて歩く。そんなハイカーの姿も数多く見受けられます。しかしながら、このような習慣は靴の保管方法としては正しくありません。

炎天下の車内やトランク内は高温になります。せっかく購入したお気に入りの靴も、短期間で靴底が剥がれたりすることがあります。靴の変形を防止するためにも、マイカー内での靴の保管はおすすめできません。

湿気の少ない場所を選んで、大切な靴を保管されることをおすすめ致します。

<同一タグ記事>