フットインザドア法

売れるキャッチコピーを作る際に、フットインザドア法は大変役に立ちます。

フットインザドア法とは?フットインザドアの意味を解説いたします。

すぐ試したくなる! 実戦心理学大全 (できる大人の大全シリーズ)
すぐ試したくなる! 実戦心理学大全 (できる大人の大全シリーズ)

スポンサードリンク

心理学や恋愛におけるフットインザドア

フットインザドア法とは、心理学や恋愛などのシーンでも使われる”段階的要請法”のことを意味します。

小さな承諾から入る

小さなイエスを重ねていく方法のことですね。
いきなり本丸には仕掛けない。

少しずつ外堀から埋めていく方法は、長い目で見れば成果に結び付きやすいのではないでしょうか。相手が心理的にバリアを張ってしまうような、大きな要求を最初からしないことです。フットインザドアとは上手い表現ですよね(笑)

お笑い番組などで、文字通りのフットインザドアのシーンを目にすることがありますが、一歩足を踏み入れさえすれば、その後の交渉もしやすくなるというものです。まずは最初の一点突破が肝要です。

お試しセット販売;まずは1週間

その点、お試しセットや試供品などは、フットインザドア法を用いたセールス手法と言えるのではないでしょうか。

ネット通販における化粧品や健康食品などの分野にも多く見られます。

あるいは新聞の勧誘場面では、「まずは一週間お付き合い頂けませんか」のフレーズが多用されます。とりあえず1週間だけ購読してみて、嫌ならやめればいいや・・・そんなノリで勧誘員の誘いに乗る人も多いことでしょう。小さな承諾を得て、その後の”本丸”である定期購読に持っていく。

新聞勧誘員の目的はあくまでも長期購読にあります。

しかしながら、いきなり長期購読を促しても、首を横に振られるのは目に見えています。そこで、フットインザドア法が生きてくるのです。

「初めての方限定 お試しセット1.980円」

思わず後押しされるようなキャッチコピーですよね。

限定感も出ていますし、具体的な数字の提示でデジタル脳が見事に反応しています。広告内容を吟味してみても、決して踏み出せないような一歩ではない・・・成果に結びつく入口にあるフットインザドア法を、是非あなたも試してみましょう。