生前墓とは

生前墓(せいぜんばか)とは、生きている内に立てるお墓のことを言います。

生前墓は縁起が悪いとされていますが、仏教的には縁起のいい”功徳の高い行為”とも言われています。

生前墓

お墓を建てる時期はいつがいいのか?

納骨は四十九日の法要のときに行われます。

しかし実際のところ、亡くなってから49日以内にお墓を購入するのはた易いことではありません。そこで、生前墓という考え方が生まれたようです。

スポンサードリンク

節税対策で生前墓を購入

転ばぬ先の杖とでも言いましょうか。

準備万端の終活の一環として生前墓が広がりつつあります。

想いをこめた新しいお墓づくり―絶対に後悔しないための建墓のポイント
想いをこめた新しいお墓づくり―絶対に後悔しないための建墓のポイント

生前墓には別名があって、寿陵(じゅりょう)、寿蔵(じゅぞう)とも言われています。「寿」という文字が使われていることからも、早死にするという言い伝えから解放されつつあるような気も致します。

生前墓の購入者の中には、相続税の節税対策を考慮している人も少なくありません。

葬式のお花代 接待交際費と福利厚生費に分けられます!

Tags: