赤坂不動尊は紀州徳川家祈願所

赤坂の街に佇む赤坂不動尊をご案内致します。

赤坂不動尊

紀州徳川家御祈願所の石碑。

江戸時代には紀州徳川家の祈願寺となっていました。

現在も赤坂不動尊の内陣には、紀州徳川家奉納の厨子や仏具が安置されています。

牡丹臭木(ボタンクサギ)

境内には牡丹臭木(ボタンクサギ)の花が咲いていました。

非常に繁殖力が旺盛で、ボタンクサギの葉には異臭が漂います。”臭木”というぐらいですから、思わず納得してしまいます(笑)花は臭いませんのでご安心を。

赤坂不動尊

赤坂不動尊は御府内七十五番札所になっています。

四国八十八ケ所の霊場めぐりに行けない人のために、四国八十八ケ所の砂を運び込み、弘法大師のご利益にあずかれるように江戸時代に定められました。

お砂踏みのご利益ですね。

赤坂不動尊のご本尊は不動明王です。

伝教大師作と伝えられるご本尊は、紀州徳川家奉納の厨子の中に納められています。普段は秘仏とされ、御開帳はされていないようです。

赤坂不動尊

赤坂不動尊には五大明王が揃っています。

不動明王、金剛夜叉明王、大威徳明王、降三世明王、軍荼利明王の五大明王が揃うお寺は数少なく、その希少性がうかがえます。

赤坂不動尊

徳川家康が江戸に入府する以前から、赤坂の地に居を構えています。

歴史ある赤坂不動尊。

一ツ木通りから少し入った場所に佇みます。

赤坂不動尊

赤坂の繁華街の真ん中に位置します。

さすがは東京赤坂ですね。

古いものと新しいものが渾然一体となって、深みのある赤坂の魅力を醸し出しています。

赤坂不動尊参道

赤坂不動尊の参道。

急な坂道になっています。

坂の多い赤坂ならではの光景です。

赤坂不動尊の標語

一人にひとつ あなたのいのち。

参道の途中に標語のようなものが掲げられていました。

赤坂不動尊のボタンクサギ

江戸の町は火事が多かったと言われます。

関東大震災や戦災の難をも逃れ、今に息づく赤坂不動尊。

赤坂観光には外せないおすすめの古刹ですね。

<赤坂不動尊の行事>

1月1日~7日 初詣
2月3日  節分会・豆撒式
5月28日 春の大祭
9月28日 秋の大祭

土・日に該当する場合は、平日に繰り上げられます。

<同一タグ記事>