奈良から大阪への移動

奈良から大阪は近い。
よく言われることですよね。難波、道頓堀、心斎橋に代表される大阪ミナミへのアクセスは特に便利ではないでしょうか。

道頓堀の串カツだるま

道頓堀の串カツだるま

食い道楽の大阪を象徴する道頓堀エリアには、面白い巨大看板があちこちに見られます。
かに道楽、グリコのネオン、づぼらや等々・・・

串カツは通天閣のある新世界界隈が有名ですが、ここ道頓堀にもありました。

奈良の街並みには似合いませんが、場所が大阪となると途端に輝きを放ち始めます。
二度漬けがご法度の串カツ、関西旅行には欠かせない味ですよね(笑)

スポンサードリンク

USJへも1時間~1時間30分でアクセス

意外と近いユニバーサル・スタジオ・ジャパン。

電車、車共に奈良からUSJへの所要時間は1時間余りです。乗り継ぎや交通状況さえ良ければ、小一時間で到着することができます。

USJのエルモ

USJパーク内の地面に描かれたエルモ(笑)

スタッフの方が器用にキャラクターの絵を水で描きます。材料が水ということで、残念ながらすぐに乾いて消えてしまいます。そこがまた、このパフォーマンスの人気の秘密でもあります。

興福寺南円堂

奈良の興福寺南円堂

近鉄奈良駅から徒歩5分ほどで興福寺に到着します。

南円堂は重要文化財に指定されています。南円堂の中には、国宝の不空羂索観音坐像が安置されています。
藤原氏の氏寺として知られる興福寺ですが、宝物収蔵庫である国宝館には、一世を風靡した阿修羅像が安置されています。

東京には阿修羅像のファンを自称するアシュラーが数多くいらっしゃるようですが、ここ興福寺は阿修羅様の故郷でもあります。

道頓堀の金龍ラーメン

道頓堀の金龍ラーメン。

近鉄奈良駅から難波駅までの所要時間は40分ほどでしょうか。

難波と書いてナンバと読みますが、ナニワという読み方もありますよね。
ナニワ・・・そもそもナニワとは、魚(な)の庭(にわ)を意味するのだそうです。

難波界隈には魚がたくさん棲息していたことが推測されます。
大阪キタの梅田の地名由来をご存知でしょうか?
”埋田”(田を埋める)・・・に端を発します。
水の都大阪とはよく言いますが、歴史的観点からも納得のいくお話ですよね。

大阪への移動に恵まれた奈良県民。
奈良県の学園前や生駒には”奈良府民”がたくさん暮らしておられます。
仕事は大阪、寝床は奈良ってことを意味する造語ですが、昼と夜で人口の増減が著しい奈良県北西部を分かりやすく説明しています。
奈良旅行の際に大阪へ足を伸ばされる方も多いでしょうね。

<同一タグ記事>