東大寺の拝観料

東大寺。
言わずと知れた奈良を代表する観光名所です。

東大寺大仏

東大寺の大仏。

拝観料の500円を払って、久しぶりに大仏殿の中へ入りました。

やっぱり大きい奈良の大仏様。規格外のスケールで迫ってきます。
顔の長さだけでも 5.33mあります。意外と切れ長の眼は、1.02mの長さを誇ります。

知恵と慈悲の光明をあまねく照らし出す、有難い仏様です。

スポンサードリンク

東大寺南大門で睨みを利かせる仁王像の足にも魅了されます。

近くまで歩み寄って、巨大な足を撮影する観光客の姿も見かけられます。
躍動感のある足に歴史の重みが感じられます。

東大寺南大門

鎌倉時代に再建された東大寺南大門。

東大寺南大門も大仏様に負けず劣らず巨大です。国宝に指定されている門構えは、東大寺の玄関口にふさわしい威容を誇っています。

東大寺大仏殿と燈籠

大仏殿と燈籠。

大仏殿前にある燈籠も、これまた巨大です。

奈良観光のモデルコースになっている東大寺と法隆寺

奈良観光でまず思い浮かべるのが東大寺と法隆寺ですよね。

奈良旅行のモデルコースにも必ずといっていいほど、東大寺と法隆寺は含まれています。
それほど国民的人気の高いお寺なのです。

日本人だけではありませんよね。外国人観光客の間でも、東大寺は常に高い人気を誇ります。
人気の秘密は何なのでしょうか。

やっぱり ”分かりやすい” ということに尽きるのでしょうか。

大きいものには誰しも惹かれるものです。
東大寺はこれからも、世界中の人々を魅了してやみません。

<東大寺関連情報>

<同一タグ記事>