ながめの丘展望台@しきのみち・はせがわ展望公園

唐古・鍵遺跡の楼閣近くに眺めのいい展望台があります。

田原本町の千万院や池神社にお参りした昼下がり・・・国道24号線の鍵交差点を東へ入り、初瀬川沿いを目指して車を走らせます。小学校や幼稚園を左手に見ながら池神社の鳥居手前まで辿り着きました。神社周辺には駐車場が見つからず、そのまま鳥居手前を左方向へ向かいます。しばらくすると、公衆トイレや駐車場のある場所へと出ました。

ながめの丘展望台

しきのみち・はせがわ展望公園の「ながめの丘展望台」。

駐車場に車を停めて、北の方角に目をやると何やら高い建物が見えます。どうやら以前にも訪れたことのある展望台のようでした。この日は寒風吹きすさぶ曇天模様の一日だったのですが、せっかくここまで来たのだからと展望台に上ることに致しました。

スポンサードリンク

龍王山や二上山を見渡す展望公園

しきのみち・はせがわ展望公園は、田原本町の東部を流れる大和川(初瀬川)の旧河川敷を活用したルート公園です。

初瀬川沿いに全部で13の広場があり、展望台のある「ながめの丘」の他にも、田原本町の花水仙をテーマにした「すいせんの丘」などそれぞれに特色が設けられています。えのき広場にはグランドゴルフ場も整備されており、子供だけでなく大人も楽しめるレジャースポットとなっています。

ながめの丘展望台

ながめの丘展望台の最上階。

螺旋階段を辿り、展望スペースへと出ます。各方位には、眺望案内が用意されていました。

ながめの丘展望台の利用案内

田原本町役場都市計画課による利用案内です。

  1. 開放時間 5月~10月 午前8時~午後6時 11月~4月 午前8時~午後4時
  2. 開放しない日 ①雨・風の強い日など ②その他は開放します

割と早い時間帯から開放されているようですが、日の短い冬場は利用時間も短縮されています。すぐ傍に大和川(初瀬川)が流れ、四方にはほぼ遮るものが無い展望台です。さすがに風雨が強まれば、危険度も増すことでしょう。

展望台での飲食や喫煙も禁じられているようですね。

注意事項を遵守して楽しむようにしましょう。

ながめの丘展望台の駐車場

川沿いに駐車場の案内板が出ていました。

行く手に橋が架かっていますが、ちょうどあの辺りに千万院や池坐神社があります。

ながめの丘展望台

上流の大字蔵堂から大字八田までの初瀬川延長約3.5㎞を結ぶ公園です。

ながめの丘に建つ展望台の高さは12mとのこと・・・ビル4階分に相当する高さですね。

ながめの丘展望台

展望台の手前には滑り台も設置されていました。

展望台から西を望めば、唐古・鍵遺跡の楼閣がすぐ近くに見えています。

ながめの丘展望台

展望台の心柱。

ぐるぐると螺旋階段を上がって行くのですが、その間も寒風が身を刺します(笑) 実に風通しのいい場所に建っていることが分かります。

竜王山の標高

東の眺望案内に、標高586mの竜王山が出ています。

お城や石仏群で知られる山ですよね。

麓の長岳寺、崇神天皇陵辺りから竜王山の登山ルートが整備されています。まだ一度も登ったことがないのですが、近い内に登山も体験してみたいと思います。

竜王山の眺望

ながめの丘展望台から望む龍王山。

訪れたのは12月初旬だったためか、山肌の所々に赤い模様が見えますね。

しきのみち・はせがわ展望公園

展望スペースから真下を見下ろします。

子供用遊具の向こうにはストーンサークル、公衆トイレが見えています。

二上山の眺望

大和平野の向こう、遥か西には二瘤の山容で知られる二上山を望みます。

二上山の向こう側はもう大阪です。

ながめの丘展望台

あまり長居も出来ず、そそくさと展望台を後にします。

展望台の開放時間には制限が設けられていますが、公園全体は基本的に終日開放されています。入園無料、駐車場も無料です。それぞれの広場はそんなに広くありませんので、駐車台数には限りがあります。参考までに駐車可能台数をご案内しておきます。

出会いの広場20台、みちくさ広場28台、ひょうたん広場6台、えのき広場8台、すいせんの丘17台、やなぎの広場8台となっています。

<同一タグ記事>