RFM分析

優良顧客を探す。

どこに優良顧客が眠っているのか・・・有効に発掘する方法はないのか?

マーケッターにとって常に頭を悩ませる問題ですが、そんな方々におすすめなのがRFM分析という手法です。

リピーターになる時期は予測できる
リピーターになる時期は予測できる

スポンサードリンク

優良顧客との綱引きを繰り返すRFM分析

RFM分析とは、顧客データ属性の中から、Recency(最後に購入したのはいつなのか)、Frequency(どの程度の頻度で購入するのか)、Monetary(今までに購入した金額の合計)の3つの要素を用いて分析するマーケティング手法です。

RFM分析

例えばフリークエンシーの値は高いが、リセンシーが最近でなければ、
ライバル他社に顧客を奪われた可能性があります。

リセンシーとフリークエンシーに問題がなくても、マネタリーが低い顧客は購買力のない顧客であると類推されます。

あるいはフリークエンシーの値が低くても、リセンシーが最近で、マネタリーの値が高ければ、今後の優良顧客予備軍になっていく可能性を秘めています。

お得意さんや上顧客を数多く抱えておくことは、企業やお店にとって大変重要な要素になって参ります。定期的にRFM分析を施すことによって、潜在的な優良顧客を探し出したり、他社に奪われてしまった顧客をいつまでも追い回すといった、時間の浪費を避けることができます。

効率的なマーケティング活動にRFM分析は欠かせませんね。

<同一タグ記事>