クリック単価の高い広告

マイクロアドや Google Adsense をはじめとするクリック課金広告を導入しているサイトオーナーの方なら、クリック単価の高い広告はやはり気になりますよね。

クリック単価の高い広告ってどんな広告なのか?

単純に考えてみれば、値の張る商品やサービスが頭に浮かびます。
材料費や元手にあまりお金のかからないサービスも考えられます。

スポンサードリンク

クリック単価の高い業界とは

時代に応じてクリック単価の高い業界の移り変わりはあるでしょうが、概ね下記の業界においてはその高さに定評があります。

自動車保険

クリック単価の高い広告として自動車保険がよく例として挙げられます。

自動車保険や生命保険って、本当に材料費のかからないサービス商品です。社内で働く社員同士の間では「紙の会社」なんて言われたりもしています(笑)
オフィスの中は書類だらけ・・・技術を身に付けた職人さんが何かを作り出すわけでもなく、ただひたすら書類の山が行き交います。

保険契約を一度結んでしまえば、後は定期的に収入が入ってくるというのも楽チンな感じがしますよね。

美容整形

プチ整形なんて言葉も人気を呼んで、一時期は大流行りでしたね。

お隣の国韓国では、オシャレ感覚でプチ整形を施す人がたくさんいらっしゃいます。
お手軽とは言え、顔にメスを入れることもあるわけですから、お医者さんにしてみればそれなりの報酬にもなります。
クリック単価が高いわけですね。

アドセンスサイトを運営している人の中には、クリック単価の高い広告が配信されるように、最初から自動車保険や美容整形専門のサイトを作り込んでいる方もいらっしゃいます。高い報酬を得るためには合理的な方法ですよね。

同じクリック課金広告でも、マイクロアドを利用する場合は少し話が違ってきます。

生き残るための広告技術 進化したインターネット広告「行動ターゲティング」のすべて

マイクロアドとクリック単価

マイクロアドでは、サイトランクの高い人のクリック単価が高くなります。

シルバーパートナーよりもゴールドパートナー、ゴールドパートナーよりもプラチナパートナーの方がクリック単価が高いのです。
プラチナパートナーになると、通常の4倍ものクリック報酬になると言われています。
これはある意味、画期的なことですよね。

同じようにクリックされても、そのクリックに対する報酬額が違ってくるのです。
マイクロアドをHPやブログに導入している人であれば、何はともあれプラチナパートナーを目指したいところです。

Tags:

<同一タグ記事>