ブランディング効果

環境ノベルティグッズを販売しているフロンティアジャパン。

エコ企業のフロンティアジャパンですが、行動ターゲティングのリターゲティングを導入していることで知られています。

フロンティアジャパン

フロンティアジャパンのHP。

スポンサードリンク

ブランディング効果を生み出す広告手法

離脱ユーザーを追跡するリターゲティングの機能については既にご説明申し上げました。

会社の販売する商品に興味を持ち、一度はそのサイトを訪問するユーザー。

そのユーザーが、その時は商品を購入することなくサイトを離れてしまうことはよくあることです。一度離脱したユーザーを再び追跡するリターゲティングの広告手法。リターゲティングには、かいつまんで言うとブランディング効果があるんです。

一度フロンティアジャパンのサイトを離れてしまったユーザーが、ある日環境系のサイトを閲覧しているとします。

すると、その環境系のサイト上に、以前目にしたフロンティアジャパンの広告が掲載されている・・・こんな所にもフロンティアジャパンは広告を掲載しているのかと、迷うことなく広告をクリックするユーザー・・・といった流れが形成されていきます。

広告を出稿している会社のブランドイメージが知らず知らずの内に構築されていくのです。

リターゲティングの導入によってブランディング効果が期待できる。

これは間違いなく言えることではないでしょうか。環境のことならフロンティアジャパンなんだな、自社のエコ志向をアピールするにはフロンティアジャパンのノベルティグッズを利用するのがいいんじゃないか。そんなブランドイメージが構築されていくのです。

ブランディング効果の期待できるリターゲティング

行動ターゲティング広告の可能性は、ユーザー心理にも根差していると言えるのではないでしょうか。

<同一タグ記事>