エリアターゲティング広告

マイクロアドはエリアターゲティング広告の性格も持ち合わせています。

広告主に対するサービスとして、特定地域のみに広告を配信する便宜が図られているんです。

エリアターゲティング広告

スポンサードリンク

特定地域に的を絞った広告展開

エリアターゲティングは、広告を出稿する側にしてみれば願ってもない広告配信方法ではないでしょうか。

全国展開をしていない店舗経営者の方はたくさんいらっしゃいます。
奈良県にしか店舗がない、広島県にお店を1軒構えているだけ・・・そんなオーナーの方々にとっては朗報です。

狭い商圏で勝負する人にとって、他地域への広告配信は不要です。

クリックされても興味本位なだけで、ビジネスの成果に結びつく可能性は低いのではないでしょうか。
特定地域のみへの配信を可能にするエリアターゲティング広告

マイクロアドといえば、ライブドアやシーサーを代表とする有名なブログにも採用されているブランド広告です。PCネットユーザーの数は、日本国内に5,000万人~6,000万人いると言われています。
マイクロアドネットワークはその内の3,000万人にリーチすることができます。月間総インプレッション数は60億前後といいますから、その規模の大きさがうかがえます。大規模なエリアターゲティングが可能になるマイクロアドはやっぱり魅力的ですよね。

マイクロアドでは特定地域をターゲティングするだけではなく、パソコンユーザーの接続環境をもターゲティングの対象にしています。

<インターネット回線によるターゲティング>

光ファイバー、ADSL CATV、ナローバンドの回線別に広告を配信することができます。

<ドメインによるターゲティング>

家庭、企業、学校のドメイン別に広告を配信することができます。

こうして見てみると、エリアターゲティング広告の大いなる可能性が感じられます。
MicroAd(マイクロアド)の名前の通り、ミクロに選別して広告が配信されるわけですね。SEOの観点からも、地域名はとても大きな効果を発揮します。地域特性を生かした商品やサービスを提供する方であれば、地域名をタイトルの一番始めに持ってくるのはもはや常識です。マイクロアドのエリアターゲティング広告・・・今後の動向が注目されます。

Tags:

<同一タグ記事>