擬宝珠とは

長谷寺の擬宝珠

擬宝珠とは、欄干の柱頭などに付けられた宝珠の飾りのことを意味します。

葱の花(ネギボウズ)に似た形をしているのが特徴です。

写真の擬宝珠(ぎぼし)は、長谷寺の本堂から五重塔を望むアングルで撮影しました。
丸い形をしていて先の方が尖がっていますね。
神社仏閣でよく見かける擬宝珠・・・。

擬宝珠の由来はどこからきているのでしょうか?

スポンサードリンク

擬宝珠の由来

ズバリ、擬宝珠は如意宝珠に由来します。

如意宝珠(にょいほうじゅ)とは、欲するものを思いのままに出してくれる珠のことです。安倍文殊院の晴明堂にも如意宝珠が置かれていますが、綺麗な球形をしていて、見ているだけでもご利益がありそうな気がしてきます。

長谷寺登廊

仏典に出てくる如意宝珠は、丸い形をしていてその先が尖がっています。さらに、左右から火焔が燃え上がっている形をしています。

擬宝珠の「擬」には、真似るとか似せるといった意味があります。
つまり、如意宝珠に似せたものということになりますね。

長谷寺本堂の如意宝珠

国宝長谷寺本堂の如意宝珠。

願い事の叶う擬宝珠が境内のあちこちに見られるなんて、なんて素敵なことなんでしょうか。擬宝珠の意味を考えるとき、改めてそう感じさせられます。

<同一タグ記事>