遺灰を海や山に散骨する自然葬

自然葬とは、遺灰を海や山に散骨する埋葬方法のことをいいます。

人は土に還る、とよく言いますよね。

最も自然の摂理にかなった埋葬スタイルなのかもしれません。

葬儀法要相続供養の本

葬儀・法要・相続・供養のすべてがわかる本―知っておきたいしきたりと新しいマナー

永岡書店出版の「葬儀法要相続供養のすべてが分かる本」エンディングノート付を購入致しました。葬儀にまつわるイロハが事細かく解説されていて、とても分かりやすい本です。

スポンサードリンク

自然葬における散骨マナー

自然葬を行う際には、散骨のマナーを守る必要があります。

散骨に際しては、遺骨を粉末状にするよう心がけましょう。他人に対する配慮や、より早く自然に還るようにするための準備です。

今のところ、散骨に当たっての法律的な手続きは不要です。提出書類も要りません。それだけに、必要最低限のマナーは守りたいですよね。

自然葬の種類

大別して以下の4つの自然葬に分かれます。

  • 海洋葬
    最も人気のある自然葬です。
    船で他人の迷惑にならない沖合まで出て散骨します。花束や花環を海に投げ入れたりするのはマナー違反です。細かい花びらなどで代用しましょう。
  • 宇宙葬
    一風変わった自然葬です。
    遺骨を専用カプセルの中に入れて、人工衛星打ち上げ用ロケットで宇宙空間に打ち上げる埋葬スタイル。
    専用カプセルは衛星と共に地球を何周かした後、最後は大気圏に突入して燃え尽きます。
  • 樹木葬
    樹木葬墓地内において、遺骨を骨壺に入れず、直接土の中に埋めます。
    墓石の代わりに樹木を植えるのが樹木葬スタイルです。
    主な自然葬のスタイルをご案内致しましたが、やはり海洋葬や樹木葬が一般的でしょうね。新しい埋葬スタイルとして覚えておきましょう。

ご家族の供養に最も適した方法を選ばれることをおすすめ致します。

Tags:

<同一タグ記事>