遺言保管サービスの遺言書管理信託

遺言書の保管場所に頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか。

作成した遺言を、確実に相続人の手に渡るようにする方法は?

みんなが安心 遺言書の正しい書き方・活かし方
石原 豊昭 國部 徹
4426114713

貸金庫を利用したり、信頼できる人に預けたりする方法もありますが、より確実で安全な保管場所としては、信託銀行や銀行の遺言保管サービスをおすすめ致します。

遺言書管理信託という名前のサービスです。

スポンサードリンク

遺言書管理信託の料金案内

遺言書管理信託を利用する際には、遺言者が相続開始通知者遺言書受取者を指定する必要があります。

大切な遺言書を紛失する恐れだってあるわけです。

遺言保管サービスを利用して、余計な心配なく余生を過ごしたい方にはおすすめです。

遺言書管理信託の料金の目安を記しておきます(あくまでも一例です)。

<公正証書遺言>

基本料金 105,000円 + 年額 6,300円

<自筆証書遺言>

基本料金 315,000円 + 年額 6,300円

ざっとこんな感じです。

自筆証書遺言だと、さすがに値が張るんですね。

Tags:

<同一タグ記事>