ぐるっとバスが走る奈良公園ルート

奈良観光の周遊バスとして活躍中のぐるっとバス。

ぶらぶら歩いて観光するのもいいですが、目的地を決めて主要観光スポットを網羅してみるのもおすすめです。

ぐるっとバス

ぐるっとバスの県庁前バスターミナル。

運行時間は9時から17時までで、約15分間隔で走っています。乗車運賃は小児以上で100円と案内されていますが、要は小学生以上が課金の対象となるようです。土日祝日のみの運行となります。

スポンサードリンク

奈良公園ルートと平城宮跡ルートが選べるぐるっとバス

ぐるっとバスの運行ルートは2通り用意されています。

東大寺、興福寺、春日大社といった奈良公園界隈の観光スポットを訪れたとしても、ちょっと距離の離れた平城宮跡まで足を伸ばす人は少ないものと思われます。2010年の遷都際では大いに盛り上がった平城宮跡周辺ですが、やはり奈良観光の中心地は奈良公園一帯ではないでしょうか。

そういう意味でも、ぐるっとバスに平城宮跡ルートが用意されているのはありがたいですよね。

奈良公園の桜

奈良公園の鹿と桜。

奈良公園ルートは、近鉄奈良駅~国立博物館~東大寺~手向山八幡宮・二月堂前~若草山麓~春日大社~新公会堂~高畑駐車場~ならまち~JR奈良駅西口といったルートを通ります。

奈良公園の鹿

柵の向こうに奈良公園の鹿(笑)

高畑駐車場に自家用車を停めて、そのまま奈良公園ルートのぐるっとバスに乗り込めば、車窓風景を楽しみながらその日の奈良観光を楽しむことができるのではないでしょうか。奈良国立博物館での催し物、春日大社参拝、奈良町散策などにも利用できます。

奈良県庁舎

どこかロボットをイメージさせる奈良県庁舎。

緑化された県庁の屋上から眺める風景は格別です。普段は歩いて奈良観光を楽しんでいる方も、一度ぐるっとバスを利用してみてはいかがでしょうか。違った風景が見えてくるはずです。

<同一タグ記事>